命日

今日、9月1日はラブの5回目の命日です。

14歳頃のラブです。

 

早いものでラブが亡くなって5年になるんですね。。。

つまり、あいが生まれてもうすぐ5年になるということです。

 

 

今でもラブのことはよく思い出しては母と「ラブは賢かった。」と話し合います。

 

 

先日の旅行では、ラブが訓練競技会に出てた頃をご存じの方と一緒で、ラブのことをまたまた鮮明に思い出しました。

 

 

あいが大好きな琵琶湖はラブも大好きでした。。。。

 

でも、ラブが生きていた頃は私は車の運転をしなかったので、ラブを色々なところに連れてやることが出来なかった・・・・それが心残りと言えば心残りです。

 

 

ラブが亡くなった時、ラブは犬というより人間のように賢い子だったから、生まれ変わったら次は絶対に人間に生まれ変わると思ってました。

 

あれから5年・・・・ラブの魂は今どこにいるのでしょう?

 

もしも人間に生まれ変わっているのなら、どうぞ幸せな人生でありますように・・・・と心から祈ります。

 

 

今は私が守ってやることが出来ないけど、何時も何時までもラブのことを愛し、ラブの幸せを願っていること、この気持ちがラブの魂に伝わればよいな・・・・と思います。

 

 

愛する犬達といくつもの別れがありました。

現生では別れたけれど、心はいつも寄り添っていると思います。

愛した犬達を忘れることは無いでしょう。

 

 

今は私の側にいてくれるあいを守り、あいを幸せにすることを一生懸命に頑張りたいと思います。

あいとも永遠に心を寄り添わせる為に。

 

 

 ランキングに参加しています。“ポチッと”よろしくお願いします。 

 

 

新しいハウス

 

ラブが亡くなって、今年の9月で丸4年になります。

 

 

ラブが亡くなった時、それまで集めてたラブの毛で、ラブの編みぐるみを作ってもらってました。

 

 

おちゃちゃも今年の11月で亡くなって丸3年。。。。

 

 

おちゃちゃの編みぐるみは、おちゃちゃが凄い大量に毛が抜けたこともあって、ラブの編みぐるみより前に作ってもらってました。

 

 

入れて貰ってたケースが、長い年月で薄汚れてきたので、

 

 

新しいケースに入れ替えました。

 

 

新しいハウスになったので、新しく樟脳も入れ替えました。

 

 

もう、3~4年経つけど、ケースの中の愛犬たちは当時のままです。

 

 

入れ替える時、編みぐるみに触れて、在りし日の愛犬たちの手触りを思い出しました。

 

 

おちゃちゃラブ・・・・・、今頃どうしてるのかな?

 

 

幸せに暮らしているのかな?

 

 

たとえ死に別れても、ねぇーちゃんは命のある限りずっと、愛した犬たちのことは忘れないよ。

 

 

 ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 

ラブとの思い出

 

ラブの3回忌に蒔いたひまわりが

今月中にも咲きそうな勢いです。

 

 

あいの初ポイントGETで

またラブのことを思い出しました。。。。。

 

 

本当に賢い子でした、ラブは。。。。

 

 

 

あいと暮して分かったことは、

ラブは天才だったんだ・・・・・ってことです。

 

 

あいと暮すまで、ラブがそんなに優秀だったとは

知りませんでした。。。。(^▽^;)

 

 

ラブラドールは皆ラブのようなお利口さんだと思ってました。

 

 

あいが来て。。。。怪獣と暮す楽しみ??を知りましたけど。(^▽^;)

 

 

 

ラブの競技会はずっと先生にお任せでしたが、

京都の桂川の河川敷で大きなJKCの競技会があって

初めてラブの競技を見た時・・・・

 

 

遠目だったけど、明らかに他の子とは違う

素晴らしい動きに涙したこともありました。。。。。


 

 

ラブが貰って来た賞状やトロフィーは山ほどあって

全部捨てずに置いてあります。

(あまり多過ぎて箱に入ったまま積んでます。(^▽^;))

 

 

それでも訓練も何も知らない、興味も無い私、

よく森下先生に叱られました。。。。

 

 

盲導犬がラブラドールのエリートだと聞けば

「うちのラブなんて無理無理!」と言って

森下先生にキツーーーク

ラブなら盲導犬でも何でも超一流になれます!」

と怒られたこともあります。

 

 

森下先生はよくラブの自慢をしてました。

ラブは右左が分かるんだとか、

教えたことをスポンジのように吸収するんだとか、色々と。

 

 

ラブは匍匐前進とか足をあげた上を飛んだりとか

それは私が指示してもちゃんとするくらいで

先生が教えた多彩な技があったそうです。

(本部大会のCDXで一席も取ってます。)

 

 

正直に言いますが・・・・・その当時、

それでもラブが特別にお利口とは思わなかったんです。

 

 

森下先生から

ラブは特別です!」と言われても

ピン!と来なかったんです。(^▽^;)

 

 

今なら、

ラブの才能をもっと理解してあげられたと思います。

 

 

でも、今はもうラブはいません。

世の中とはそういうもんなんですね。。。。

 

 

私はラブの才能を正しく理解はしていなかったと

今はそれがよくわかります。

 

 

愛犬の才能は理解していなかったけれど

私とラブとは強い信頼関係と絆で結ばれていました。

 

 

我が家はシーズンオフによく琵琶湖に行ったのですが、

その時のリードの長さが信頼関係と比例すると

昔のブログに書いた記憶があります。

 

 

ラブはノーリード、パピはロングリード1本、

おちゃちゃはロングリード2本繋ぎでした。(^▽^;)

(おちゃちゃは脱走魔でしたしね。。。)

 

 

ちなみに、あいは普通のリード1本です。

(ちなみに長さは150cmくらいです。ですがノーリードでもOKの自信あります。)

 

 

 

ラブはお利口だった・・・ラブは天才だった。。。

確かに今はそう思います。

 

 

頭脳の出来はあいとは違ったかも知れませんが。。。。

 

 

ラブとは心の繋がりが双方向だったけど、

あいとはまだそこまではいってないですが・・・・・

 

 

今回の競技会で競技の後にあいが一番に探したのが

私の姿だったことを知って。。。。

 

 

犬それぞれに性格があるし、才能の有無もあるけど

あいと2年弱一緒に暮してきて、眼には見えなくとも

ちゃんとあいと私の間には確かな「愛」が育ってるって

確信が持てて・・・・・

 

 

犬それぞれの才能もあれば性格もあり

それが個性なんだ!!って思ったんです。

 

 

あいと私は発展途上中で

まだまだこれからではあるけれど、

 

 

あいにとって

私は何よりも必要な人間であること

誰りも心安らげる人間であること

側にいて欲しい人間なのだ。

それは間違いないと確信が持てました。

 

 

あいにはラブのような

才能は無いかも知れないけれど

 

 

少なくとも、ラブと同じような信頼関係を

築いて行ける可能性は大いにあるんだって

だから頑張ろう!って思いました。

 

 

ラブよ・・・・・・

もしも今、私に自由な時間がある今

ラブが側にいてくれたら・・・・と

思わなくはありません。

 

 

そしたら、アマで競技会を楽しむ道もあったと

そうも思います。

 

 

母はあいで楽しめば良いのに・・・と言いますが、

あいですよぉ~っあい。無理っぽいし。。。。。( ̄ー ̄;

 

 

だけど、今思うと・・・・

私が望んだ子が来たと思います。

 

 

ラブはブスだったから容姿の可愛い子で

おちゃちゃラブの性格を足して2で割った子。。。

 

 

まさしく、ソレがあいだと感じる

今日この頃です。( ̄ー ̄;

 

 

 ランキングに参加しています。よろしくお願いします。 
1 2 3 4 5 6 34