噛むおもちゃ再び

 

色々な物を齧るモモの為に、齧るおもちゃを買ってあったのが、最近行方不明になってました。

 

 

ここのとこ家具も齧らないので、別になくてもイイかぁ~と思ってたのですが、手を舐めるクセが頻発するようになったので、またまた噛むおもちゃを購入しました。

 

 

今回は前回のベーコン味以外にイチゴ味とブドウ味も追加で購入。

 

 

早速、いちご味を齧るモモ

 

 

このおもちゃ、モモのお気に入りなんです。

 

 

体をグーーーーンと伸ばして齧りたおしてます。

 

 

新品の時はあいも噛むんですけど、すぐに飽きて、このおもちゃは全てモモの!

 

 

ヒマさえあれば、齧ってるモモちゃんです。

 

「好きな物が一緒でないのが仲良しの秘訣でち。」

「姐さんのおっしゃるとおりでちゅ。」

 

 

こうして、リビングでは平和裏に時間が過ぎるのでした。。。。

 

 

では、夜の私の部屋ではどうなんでしょう・・・・・。

 

 

それはまた明日。(^_^;)

 

 

 ランキングに参加しています。“ポチッと”よろしくお願いします。 

 

 

 

クールボード

 

暑くなってきましたねぇ~~~っ。

 

 

まだ5月なのに・・・・夜も暑くて寝苦しいくらいです。(・・、)

 

 

あいは夏でも、どんなに暑くても私の側にベッタリとくっついて寝るほど、我慢強い?んですが、、、、、

 

 

モモは暑さ寒さに弱いフレンチブルです。

 

 

子犬の頃はそれでも、なんとなく乗り切りましたが、、、、もうすぐ1才になるほど成長した現在、やはり暑さはこたえるようです。

 

 

先日あまり暑いので、まだ5月だけどお昼ご飯をそうめんにしてみました。

 

 

たまたま、製氷機からコロンと1つ氷を落としてしまったら、ダダダッとその氷に飛びついたのがモモ

 

 

氷を口にして、大いに気に入ったようで、その氷を離しません。

 

 

その後も母の前にきっちりお座りして、氷をオネダリしてゲットした氷をそれはそれは美味しそうに、嬉しそうに頬張っておりました。

 

 

しかしっ!氷ばっかり食べてたらお腹を壊す!!

 

 

あまり暑いとエアコンを入れるけど、どーーーもモモの体感温度と両親の体感温度には差があるようで、何か対策が必要だな・・・ということになりました。

 

 

あいにはLサイズのクールボードを買ってあげていたのを思い出して、早速出してみたら。。。

 

 

気持ちよさそうに横たわってました。

 

 

モモにもMサイズのクールボードを買ってやらないとな・・・と思って買いましたとも!

 

 

「コレは何でちゅ!?」

 

 

体が冷たくなるボードだよ、座ってごらん♪

 

 

オヤツで釣ってボードに誘導しましたが、この日はそう暑くなかったので、感触を確かめる程度で終了しました。(^▽^;)

 

 

親が結構寒がりなので、モモとの体感温度調整の為には色々と工夫が必要になるかも知れません。

 

 

母はモモの為に厚着してエアコンつけると言ってますけど、暑いと感じる温度差があるので、このボードは活躍するのではないかと思います。

 

 

モモちゃん、暑かったらこのボードに移動して、おかーーーさんに「暑いぞ!暑いぞ!」と訴えるのだよ。

 

「氷もオネダリしていいでちゅか?」

 

 

ダメです。あまり食べ過ぎるとお腹を壊しますよ!( ̄^ ̄)

 

 

ちなみに、モモは氷が大好きでガリガリ齧ったりしますが、あいは氷は絶対に口にしません。

 

 

お水に氷を浮かべたら、氷入りの水は異物が入ってる!と思うようで、絶対に飲まなかったくらいです。

 

 

今はモモの氷入りの水は飲むようになりましたが、氷はいまだに食べません。

 

 

 ランキングに参加しています。“ポチッと”よろしくお願いします。 

 

 

 

奮闘の記憶

 

お友達のワンコに貸してあげようかと、亡きラブの介護に使ってたモンベルのドッグキャリーを出してみました。

 

 

ラブが亡くなった時に、見るのが辛いからと仕舞っていたドッグキャリー。。。。

 

 

ラブが亡くなってから7年目に広げてみました。

 

 

 

これでラブを抱いて、階段の上がり降りをしてたんですよねぇ~っ。

 

 

ラブの体が痛くないようにパッドを付けているんだけど・・・大急ぎで準備したのが分かるようなものでした。

 

 

ラブの体が安定するように作ったバックル付のテープもそのまま付けてありました。。。

 

 

出して広げてみたら・・・・・泣けて泣けて。。。

 

 

ラブの介護をしてた過ぎにし日々が思い出されて、涙が止まりませんでした。。。

 

 

お友達には貸してあげられなくなったと言おう。。。。

 

 

コレは愛する愛犬を守ろうと、命を懸けて頑張った自分の大事な証だから、貸してあげられないと。。。

 

 

 

ラブと私の血と涙の浸み込んだドッグキャリーは、出来たらこのまま私の大切な思い出としてきちんと仕舞っておこう。。。

 

 

と思いました。

 

 

そして、あいが年老いた時に、あいもラブと同じように大切にしてあげるのだ!という私の誓いの証として仕舞っておこうと思いました。

 

 

 ランキングに参加しています。“ポチッと”よろしくお願いします。 

 

 

1 2 3 4 5 6 12